【1発合格】1級舗装施工管理技術者試験は過去問と解答の入手が合格を左右する

1級舗装ってどうやって勉強したらいいんですか?

会社の後輩から1級舗装施工管理技術者の取得について相談されました。

イガラシ

1級舗装技術者試験の情報って少ないですよね。

私もそうでしたが、会社の合格している人に話を聞いても、イマイチ的を得ていなかったりして「どういう風に勉強していたっらいいのか見当も付かない」という人も多いのでは無いでしょうか?

この投稿では1級舗装施工管理技術者試験の合格に向けた勉強法について紹介しています。

結論から書くと1級舗装の合格を左右するのは過去問や問題集が入手できるかどうかです。
以下でその理由を詳しく見ていきましょう。

この記事の内容

この記事を書いている人

名前:イガラシ

  • 建設会社で働く30代
  • 1級土木施工管理技士
  • 1級舗装施工管理技術者
  • その他資格も保有

1級舗装施工管理技術者試験の概要

イガラシ

1級舗装施工管理技術者は(一社)日本道路建設業協会が主催している民間資格です。

舗装工事に携わる技術者の水準および能力を適切に評価することで、品質の高い安定した舗装工事の施工を図ることを目的として、実施されています。

1級舗装施工管理技術者は試験に合格し、登録申請を行うことにより資格者証が交付され、1級舗装施工管理技術者と称することができます。

有効期間は5年間。
更新を行わないと登録が終了し資格は失効しますが、再登録手続きと講習を受講する事で再登録が可能です。

1級舗装施工管理技術者って何?という人は以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

受験資格

イガラシ

受験資格は実務経験が求められます。

  • 4年制大学の指定された課程を修め、3年以上の実務経験を有する者
  • 短期大学及び高等専門学校の指定された過程を修め、5年以上の実務経験を有する者
  • 15年以上の実務経験を有する者 など

一番多いのは、2級土木または1級土木施工管理技士を取得してから受験するパターンだと思います。

既に施工管理技士の試験経験者であれば、テストの出題形式はほぼ同じなので戸惑う事は無いはず。

試験形式

イガラシ

試験は1日で一般試験(学科)と応用試験(筆記)を実施。

  • 一般試験 (60問全問必須問題)
  • 応用試験 (必須問題1問)と記述式問題(4問中2問を選択解答)

以下の記事でも紹介していますが、学科試験で半分以上の受験者が不合格になっています。

4肢択一のマークシート方式なので、何とかなると思っていると普通に不合格になるので注意が必要。

経験記述は事前準備さえすれば満点を狙える形式です。
以下の記事で紹介しています。

試験データ

2004年頃は15,000人程度受験していましたが、2019年は3,509人と受験者数は1/4程に減少。

近年、受験者数は横ばいですが合格率は14~20%前後で推移しているので、20年前と比べれば格段に合格しやすい試験になっています。

会社の上司が「舗装施工管理技士は難しい」と言っても、それは過去の話。

イガラシ

出題されるところを勉強できれば、難易度は1級土木よりも簡単というのが、私の印象。

1級舗装合格への大きな障壁|過去問と解答の入手が困難

イガラシ

適切に知識を得られれば余裕で合格できる試験ですが、ここが一番のネックになります。理由は2つ。

  1. 1級舗装施工管理技術者試験の過去問題集がとても少ない(最新版は出ていない)
  2. (一社)道路建設業協会公式HPに問題はあるが解答がない

つい最近まで、1級舗装の勉強をしようと思っても、1級舗装の問題集が入手できない事が最大の問題でした。

受験者が多かった時期は販売されていたようですが、現在市販されているものはGET研究所のものだけです。

おそらく出版部数が少ないので直ぐに売り切れるため、見つけたタイミングで購入しておくか、中古品を入手するしか手は無いと思います。

どうしても1回で合格しなければいけない時は

イガラシ

どうしても1回で合格したい!という人は、日建学院がオススメ。

過去問題集、テキストの質が市販品とは比べ物にならないぐらい圧倒的です。

合格発表後はヤフオクやメルカリで出品されていますが、直ぐに落札されてしまうため、に無料登録してから一括検索するほうが効率的です。

以下の記事では、日建学院に通って1級舗装を取得した事例を紹介しています。

逆算で合格する1級舗装施工管理技術者試験

(一社)舗装建設業協会では過去問の公開はしていますが、解答は公表していません。

イガラシ

なぜでしょうか?

その理由を考えてみました。

  1. 専門分野に特化した試験のため、出題範囲が限られるから。
  2. 解答を公表すると合格率が極端に高くなる可能性があるから。

私の予想としては対策がしやすい試験だから解答を公開していない可能性が高と考えています。

普通に考えて、舗装工事を多数経験している1級土木施工管理技士が受験してそんなに不合格になるはずはありません。

過去問+回答が入手できれば、絶対に簡単なテストです。

1級土木施工管理技士なら過去問を勉強すれば難易度は高くない

1級土木施工管理技士の合格者であれば、日常的に舗装工事に携わる事は多々あります。

イガラシ

あとは、実務と勉強を結び付けるだけ。

専門的な内容もありますが、大部分は1級土木の試験で学習した内容。

過去問を解いて間違えた問題を覚えれば、実務経験のある1級土木施工管理技士であれば高確率で合格できるハズ。

公式解答がないところに1級舗装施工管理技術者試験合格のヒントある

舗装工事は土木技術者にとって非常にポピュラーな工種なので、皆さん知識はあります。

1級舗装施工管理技術者試験に不合格になるのは、試験のキモを外して勉強しているから。
闇雲に勉強しても大変なので、過去問を中心に勉強を組み立てるべきでしょう。

以下の記事では、私の勉強方法と不合格になった場合の改善点を紹介しています。

1級舗装施工管理技術者試験が「難しい」というのは過去の話。

近年は格段に合格しやすい状況になっているので「難しい」という声に惑わされず、チャレンジしてみる事をオススメします。

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
この記事の内容
閉じる