竹泉荘はデジタルデトックスできる蔵王の温泉宿

イガラシ

子供が生まれるので、妻と2人きりで最後の旅行に行くことにしました。

この投稿では、宮城県にある竹泉荘について紹介しています。

この記事を書いている人

名前:igarashi

妻と1歳の子供と暮らす30代

千葉、福岡、熊本で転勤生活
現在は関東勤務
休日は可能な限り家族で一緒に出掛けています


この記事の内容

竹泉荘は都会の喧騒を離れてのんびり過ごせる温泉宿

竹泉荘

今回宿泊したのは、宮城県刈田郡蔵王町にある竹泉荘 Mt.Zao Onsen Resort & Spa

JETROの資料によれば1980年に開業し、天皇陛下も宿泊されたという由緒正しい宿でしたが2007年に経営破綻。

その後、香港の企業が買収して2010年にリニューアルオープンしています。

今回は一休.comで予約して宿泊してきました。

オススメポイント

イガラシ

竹泉荘 Mt.Zao Onsen Resort & Spaのオススメポイントは3つ

  1. 首都圏から近い
  2. 仙台駅は食事もお土産も困らない
  3. 蔵王国定公園内に敷地面積2万坪|部屋数32室のみ
  4. 源泉かけ流しの内風呂付

その①:首都圏から近いので疲れにくい

竹泉荘を選んだ理由の一つに、首都圏からのアクセスの良さ

大宮駅(埼玉)~仙台駅~竹泉荘で2時間20分(大宮~仙台で1時間、送迎車で1時間)

仙台駅から竹泉荘までは、事前に依頼をすれば駅から送迎車を出してくれるので本当にドアtoドアで移動が出来ます。

仙台駅から宿のある宮城蔵王までは距離がありますが仙台駅から送迎車が出ているというのはgood!

その②仙台駅で腹ごしらえ出来る

駅に到着してから送迎時間まで余裕があったので、S-PAL仙台内で牛タンを食べることにしました。

仙台駅は駅周辺が充実しているので、食事やお土産を探すのに困らなくていいですね。

その③:蔵王国定公園内に敷地面積2万坪|部屋数32室のみ

竹泉荘
イガラシ

送迎車から降りたら、鐘が鎮座しているロビーラウンジで飲み物を頂きながらチェックイン手続き。

旅行サイト等でこの鐘の画像をみると「悪趣味だな」と思うかもしれませんが、ホテル自体はモダンインテリアで統一されているので全く違和感なし。

夜は灯がともり、ピアノの生演奏&ワインとともにユッタリとした時間を過ごすことが出来ます。

チェックイン手続きも非常にスムーズ
直ぐに部屋に案内されました。

部屋数も32部屋と丁度いい感じです。

イガラシ

フリードリンクだったので、到着して直ぐに一杯頂きました。

ビールを注ぎながら感じたのは、竹泉荘はグラスが凄いキレイ!
部屋のグラスもそうですが、レストランのグラスも本当にピカピカでした。

たぶん、今まで泊まったどのホテルよりもキレイだったと思います。

竹泉荘
イガラシ

部屋は標準で加湿器備え付け。

まだ寒い時期だったので、ありがたい。

食事も朝食・夕食ともに非常に美味しいだけでなく、器も非常に手の込んだものばかりで視覚的にも楽しめました。

前日の夕食時に、翌日の朝食時間を聞かれるのでその時間に土鍋の炊き立てご飯が炊きあがるように計算されています。

各テーブルで食事のスタートがバラバラなので大変だと思いますが、美味しい白米が食べられました。

その③:源泉かけ流しの内風呂付ルームがある

竹泉荘

竹泉荘の宿泊した二つ目の理由が、源泉かけ流しの内風呂があること。

部屋タイプにもよりますが、今回は内風呂付の部屋を予約する事ができました。

イガラシ

好きな時にお湯を入れて温泉に入れるのはいいですね。

大浴場や貸し切り風呂もありますが、人目を気にせずゆっくり温泉に入りたいという人にもオススメできます。

竹泉荘都心から近くて最高の温泉宿

今回は2泊しましたが、事前に電話で問い合わた内容がスタッフの方に共有されていて妻も驚いていました。

非常にホスピタリティ溢れる宿だったので、次回は緑のきれいな時期に再訪したいと思います。

温泉宿でのんびりしたいときは、蔵王にある竹泉荘 Mt.Zao Onsen Resort & Spaはオススメできます。ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
この記事の内容
閉じる