あずさフィッシングで釣果を伸ばすならランディングネットが必要なワケ

あずさフィッシングで釣果を伸ばしたいなら、ランディングネットは重要なアイテムです。

この投稿では、あずさフィッシングで釣果を伸ばすためにランディングネットが必要な理由を紹介しています。

イガラシ

…この記事は一見するとランディングネットの記事ですが、あずさフィッシング関連の投稿では最大のシークレットを紹介しています。

この記事の内容

あずさフィッシングで釣果を伸ばすためにランディングネットが必要なワケ

イガラシ

ランディングネットの有無が釣果に影響する理由は2つあります

理由その①:取り込みスピードが上がると連チャン突入の可能性が高くなるから

放流された魚はスレていないので好奇心旺盛。

釣られている魚がバシャバシャしていると、興味を示して近くの魚がまで寄ってきます。
そういう魚はルアーに反応しやすい状態。

次のキャストに移る時間が短ければ短いほど、その魚が釣れる確率が高くなります。
これが、ランディングネットが必要な第一の理由。

ヒット&リリースの無限ループで魚のスイッチを長時間維持する。
この状況をアングラー側が意図的に作り出すことが、管理釣り場で爆発的に釣る秘訣。
ファイトの最中に無駄に竿を左右に振っている時間はないわけです。

以下の記事では、ランディングネットを使うことで高活性の魚を延々と釣り続けることができました。

ランディングネットの使用で釣果が伸びる理由その②:針が外しやすいから

バーブレスフックを使用していても、刺さっている位置によっては針が外し難い場合があります。

ランディングネットがあれば、ある程度魚の動きを抑えられるので素早く針を外すことが出来るだけでなく、自分も怪我をするリスクが下がります。

イガラシ

安全に・素早く外すためにもランディングネットは必要。

あずさフィッシングで使うランディングネットの条件

  1. 柄が長すぎない(全長1m程度でOK)
  2. ネットが深すぎない(30㎝前後)
  3. ネットの径が大きすぎない(30㎝前後)

管理釣り場で使用するランディングネットに求められる条件は、自然のフィールドで使用するものとは異なります。

柄は長すぎても・短すぎても使い難いので、全長1メートルを目安に選ぶとイイと思います。

イガラシ

柄が伸びるタイプは管理釣り場では使い難いのでオススメしません。

あずさフィッシングにおすすめランディングネット

イガラシ

使用しているものが廃番なのか、探しても見つかりませんでした・・・

次に買うならと思って選んだのがこのランディングネット。

寸法は私が使っているものとほぼ同寸法。

このサイズが絶妙に使いやすいんです。

ナチュラム 楽天市場支店
¥2,936 (2021/10/15 22:01時点 | 楽天市場調べ)
最大最小
全長100センチ(網40センチ+柄60センチ)(網40センチ+柄37センチ)

あずさフィッシングで釣果を伸ばしたいならランディングネットを使った方がイイ

ランディングネットは魚を安全に取り込むだけでなく、釣果の面から考えても使った方がいいアイテムだと思います。

特に、早朝の活性の高い時間帯に効率よく釣るためには欠かせません。

イガラシ

私もランディングネットを使い始めてから明らかに釣果が伸びました。

まだランディングネットを持っていないという人は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
この記事の内容
閉じる