栃木県のブラックバス管理釣り場:あずさフィッシング

吉羽園無くなっちゃったし、どこかにイイ管理釣り場ないかなぁ

埼玉県民の私も同じ思いでした!

この記事では栃木県にあるブラックバスの管理釣り場:あずさフィッシングについて紹介しています。
放流後は良く釣れる管理釣り場なので、お子さんやカップルにもオススメですよ。

この記事のまとめ
この記事の内容

あずさフィッシングって栃木県のドコにあるブラックバスの管理釣り場?

あずさフィッシング

あずさフィッシングは 東北自動車道の栃木ICから車で約5分程のところにある、全国的にも珍しいブラックバス専門の管理釣り場。

入場料金
  • 1日券:3,500円(7時~17時)
  • 半日券:2,500円(12時間~17時)

住所は〒328-0132 栃木県栃木市仲方町17-6ですが、初めて行くときは分かりにくいかもしれません。
そんな時はナビで『サントリー梓の森工場』や『サン永株式会社』を目的地に設定すれば到着する事が出来ますよ。

釣り場の概要

公式ブログによると池の概要は以下の通りです。

  • 池の大きさは50m×50m
  • 水深約2m
  • 地下水を利用
  • ウィードが自生

目に見えるストラクチャーは杭以外にほとんどなく、基本的には水中変化を探ることになります。

水は地下水を利用しているので、水質は1年を通してクリア気味。
通年で大きな水温変化はなく、冬でも青々としたウィードが生えているのが特徴です。

レギュレーション

あずさフィッシングは、他の管理釣り場に比べると寛容な内容になっているのが特徴。
しっかりルールを守って楽しみましょう。

あずさフィッシングのレギュレーション
  • 必ずキャッチ&リリース
  • バーブレスフックを使用
  • 魚を陸上に置かない
  • ポークの使用は禁止

使用する大きさに制限が無かったり、素材もポーク以外は禁止されていません。

そのため、アラバマリグやビッグベイトも他の方の迷惑にならない範囲で使用する事が出来ます。

あずさフィッシングで注意するべきポイント

はじめてあずさフィッシングを訪れる際に注意すべきポイントを紹介します。

  1. 料金を払ってから釣り始める
  2. チョイ投げが基本(ラインスラック注意)

料金は釣りを始める前に支払う

たまに支払いを済ませる前に釣りを始めて管理人さんに注意されている光景を見かけます。

釣りを始める前に料金を支払いましょう。

休日であれば終日管理人さんが常駐しているようですが、平日は来客があったタイミングで巡回に来ているようなので少し待てば大丈夫なはずです。

投げる距離とラインスラックに注意

50m×50mの池なので、現代のタックルでフルキャストすると対岸まで届いてしまいます。
原則、チョイ投げが基本ですし、それで十分に釣れます。

水流でかなりラインが流されるので、ラインスラックを出しすぎていると隣の人のルアーに糸が絡んでしまう事もあるので注意してください。

あずさフィッシングでブラックバスを釣る攻略ポイント

あずさフィッシングは管理釣り場なので、自然のフィールドと同様の部分もあれば、管理釣り場ならではの特徴もあります。

あずさフィッシングで釣るなら時間帯は朝or夕方のマズメ時を狙おう

あずさフィッシングは管理釣り場ですが、俗に言う「時合(じあい)やマズメ」という魚が反応しやすい時間帯が存在します。

オープン直後の7時~9時頃、終了間際の16時~17時は非常に反応が良い

日中になると、ビックリするぐらい魚からの反応が減少。

イガラシ

あずさフィッシングに来る人の大半が半日券を購入して楽しんでいる感じです。

釣果的にはマズメ時に集中しやすいので、効率的に釣る事を意識することで釣果が伸びます。

ハードルアーはもちろん、ワームもフォールやリーリング主体で扱う事でキャッチ数が増える可能性があります。
少ないチャンスをものにしましょう!

以下の記事では、あずさフィッシング時間帯別攻略法を紹介しているので参考にしてください。

あずさフィッシングで数釣りするならスローな展開が◎

放流直後はスレていないですが、魚にとっては環境が変わった直後ということで積極的にルアーにアタックしてくるかというと、意外とそうでもない事が多いです。

イガラシ

特に冬は朝晩の冷え込みで、魚がスロー傾向に。

あずさフィッシングで数釣りをするならば移動距離を抑えたルアーやリグを使用すると釣りやすいと思います。

オススメはダウンショットリグ。

フォーリングはもちろん、1点シェイクで誘う事も可能。
さらにフッキング率も高いので、とりあえずリグっておいて損はなし。

以下の記事では、放流翌日にもかかわらず釣果的には渋かった事を紹介しているので参考にしてください。

あずさフィッシングには水草&ゴロタ石が点在

イガラシ

あずさフィッシングは、全面にウィードが生えています。

関東では水草が生えている場所は少ないので、ウィードの釣りに慣れていないという人も多いはず。

以下の記事では、あずさフィッシングのウィードについて紹介しています。

ゴロタ石も点在しているので、近年流行しているソリッドティップではシンカーが食い込んで根掛かりが多発する場合も。

ウィード、ゴロタ石ともにタックルセッティング次第で快適に釣りが出来るようになるのでご自身のスタイルに合わせて調整してみてください。

あずさフィッシングに行くならこの3つは必須です!

あずさフィッシング

管理釣り場といえども、釣り方やルアーによっても大きく釣果に差が生まれます。

イガラシ

私のオススメルアーは以下の3つ。

2019年末頃から水質が非常にクリアになり、従来効果的だったピンク系のワームよりも透けているカラーの方が好反応になった印象があります。

紹介しているワームは、どれもフォーリングでバイトが出やすいルアーです。
高活性時はフォールでバイトが出やすいので、着水~着底時はラインをよく見ましょう。

ケイテック スイングインパクト

関東、関西、淡水、海水を問わず魚を釣りたかったらスイングインパクトで決まりです。

日本のワーム史においてカットテール、センコーと並んで漁獲量が多いワームでは無いでしょうか。

カラーとサイズが豊富なのもGOOD!
あずさフィッシングでは、2.5インチ~4インチぐらいまでがオススメです。

シャッドテールなので、釣り人ではなくルアーが勝手に動いてくれるので、初心者の人にもいいですね。

オーエスピー ドライブシュリンプ

ドライブシュリンプはスイングインパクトよりもアピールが欲しい時やフォーリング主体で狙う時に使用しています。

スイングインパクトには無い、クリア系カラーもラインナップされているので気分で使い分けてみるのも良いかもしれません。

どちらもリューギ インフィニホビットの#2を使用することが出来ます。

ジークラック ベローズギル

ブルーギルを食べている訳ではないですが、ブルフラットやベローズギルのような扁平ワームが釣れます。

リブなのかマテリアルなのか、形状なのか…理由は謎ですが、明らかに釣れます。

ウィードが無い状態ならキャロライナリグ。
水草が多ければヘビーダウンショットがオススメ!

各製品でサイズ展開されていますが、ベローズギルに関しては下から3.8インチでも普通に釣れます。
というか、3.8インチがイイと思います。

あずさフィッシングに初めて行く場合に知っておいた方がいい事

イガラシ

あずさフィッシングで注意することは2つ。

日影がない

休憩小屋はありますが、釣りをする場所には日影がないことです。

他の管理釣り場では木陰がある場所もありますが、あずさフィッシングにはありません

特に夏場は要注意。

釣れるので1日釣りをしていると、後で取り返しのつかないぐらいの日焼け後になることも。
適切な日焼け対策をして遊びましょう。

…日陰が無いのは魚も同じなので、水草が多い状態なら影ができる側を丁寧に狙うと釣果が伸びますよ。

泥汚れ

足元は整備されていますが、釣りをする場所は砂利ではなく土のまま
そのため、雨が降った翌日や寒暖差で霜柱がある日は靴が汚れる可能性大!

基本的にはスニーカーで十分ですが、気になる場合は長靴を履いていく事をオススメします。

ランディングで立って・しゃがんでを繰り返していると足元がぐちゃぐちゃに…

イガラシ

あずさフィッシングで1日釣りすると、帰る時には靴がドロドロっていう事が結構あります。

長靴までは必要ありませんが、変えの靴を持っていくことをオススメします。

まとめ

あずさフィッシングに初めて訪れる人向けの情報を紹介してきました。

ポイントは3つです。

この記事のまとめ

あずさフィッシングは足場もよく、放流後は初心者の人でも釣りやすい管理釣り場です。

他人と競うもよし、仲間と楽しむもよし。

放流直後は基本的に何でも釣れますが、その中でも特に釣れるのがスイングインパクトドライブシュリンプベローズギル です。

ぜひ忘れずに準備して訪れてみてください!

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
この記事の内容
閉じる