DRTのバリアルハンドル装着の最大のメリットとは

DRTから発売されているバリアルハンドル。

イガラシ

私のベイトリールは全部、換装済み。

最初は他社製パワーハンドルを使用していましたが、バリアルハンドルに落ち着きました。

この記事では、バリアルハンドルを使用して感じたメリット・デメリットを紹介します。

この記事の内容

DRTバリアルハンドルのメリット

バリアルハンドルのメリットは、センターロックシステムの『安心感』を得られる事だと思います。
(厳密にいうと、メガテック社のセンターロックシステムの安心感)

センターロックシステムはナットを締めるとOリングがプレートを軸の中心に誘導する機構。

イガラシ

ハンドルが軸の中心にしっかり装着できるのが特徴です。

ハンドルが軸の中心に装着できる事で、ロングハンドルでもハンドルの傾きによるリーリングのブレが極めて少なくなるという他社製品には無いメリットがあります。

俗に言うパワーハンドルなので魚が掛かったときにハンドルを「摘まむ」のではなく、握る事ができるので大型魚を狙うときや寒いときにも重宝するはず。

イガラシ

製造元のメガテック社のモノづくりの様子は以下の動画からご覧になれます。

DRTバリアルハンドルのデメリット

バリアルハンドルのデメリットは、人によってはメリットと感じる部分の裏返し。

  1. 金属製なので、重量がある。
  2. 価格が高い

狙う魚種や大きさ等によってはオーバースペックとなる事もあるので、自分のスタイルに応じて検討しましょう。

リールは想像以上に歪む

イガラシ

フッキングや大型魚とのファイトの際、リールは思っている以上に歪んでいます。

魚が大きければ大きいほど、釣り具にかかる瞬間的な負荷は相当なもの。

他社製カーボンハンドルを使用していて実際にあったのは、フッキングでリールが歪んだ時にハンドルも変形して(瞬間的に傾いて)、(傾いた力が強くて)ナットが外れたという事がありました。

メガテック社さんのセンターロックシステムでは、今までのところ、そういう事態は発生していません。

これが全リールをバリアルに変えた最大の理由。

【結論】バリアルハンドルは安心感と快適性に優れた製品

以上が、管理人が感じたDRTバリアルハンドルのメリット・デメリットでした。

こういう安心感と耐久性のあるパワーハンドルを求めてた!という人もいれば、こんな重いの要らないと感じる人もいる製品だと思います。

釣りのスタイルによっては、このハンドルを使用してしまうと他のは使えないと感じる場面も多くあるのが実感です。

イガラシ

御自身のスタイルや狙う魚に応じて検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
この記事の内容
閉じる