1級舗装が難しいという人は経験に頼りすぎている

1級舗装、難しいです!

会社の後輩が1級舗装は難しいと言っていました。
話を聞いてみると、経験に頼りすぎて勉強が十分でない印象です。

この投稿では1級舗装が難しいという人向けに、試験合格のためのポイントを紹介しています。

この記事の内容

この記事を書いている人

名前:イガラシ

  • 建設会社で働く30代
  • 1級土木施工管理技士
  • 1級舗装施工管理技術者
  • その他資格も保有
この記事のまとめ

合格率18%以上なので、適切に勉強できれば合格出来る

本当に1級舗装は難しい試験なのか

結論から書くと、1級舗装施工管理技術者資格試験は自分の経験だけでテストに臨むと難しい試験です。
言い換えれば、適切な勉強をすれば合格率から見ても普通の試験です。

1級舗装施工管理技術者は、なぜ自分の経験だけで試験に挑むと難しいのか?
理由は2つあります。

  • 理由1:施工管理以外の知識も求められるから
  • 理由2:受験勉強が十分にできる環境が整っていなかったから

以下で詳しく見ていきましょう。

施工管理以外の知識も求められる

過去問を解くとわかりますが、地場ゼネコンで日常的に行うアスファルト舗装の他にも、道路会社に勤めている人でないと経験しないような特殊舗装に関する知識や材料、設計知識も求められます

そのため「舗装工事は経験があるから楽勝だ」と思って試験に臨むと、合格点には到達しません。
舗装工事に関する全般的な知識が求められるため、経験だけでの合格は非常に困難でしょう。

この対策としては、やはり参考書と過去問を購入して知識を身につけた上で試験に臨む他はありません

合格に必要なテキスト・情報が不足していた【2019年以降は解消】

第2の理由は2019年以前は学習環境が整っていなかったからです。

1級土木と違い1級舗装は受験者が減少傾向ということもあり、出版社から過去問や参考書が一切発売されていない時期が数年間ありました。

要点を得たテキストと過去問題集&解説があれば、受験資格のある技術者であればが合格できたはずですが、正しい知識を得難い状況が合格を難しくしていました。

2019年以降は1級舗装施工管理技術者唯一の参考書であるGET研究所 年度別問題解説集 1級舗シリーズが発売されたので学習環境が整っています。

以下の記事では1級舗装の参考書、過去問の重要性を説明しています。
まだ御覧になっていない人はぜひ読んでみてください。

日建学院のテキスト・過去問集が1級舗装では最高

私が確認した範囲ではGET研究所 年度別問題解説集 1級舗も良く出来ていますが、日建学院の1級舗装施工管理技術者試験合格講座の過去問題集が量、質ともに群を抜いていると思います。

これは市販のテキストとは比べられないほど、圧倒的。

必ず合格するんだという人は、無駄に時間を過ごすよりも日建学院に入校して過去問題集を入手した方が、結果的には近道になると思います。

私はヤフオクやメルカリなどのオークションサイトをそれぞれ探すのは面倒なので、一括で検索できるオークファンを利用しています。

検索するだけなら無料会員で十分ですが、もしオークションサイトに出品もしているならプレミア会員も検討してみるといいかもしれません。

1級舗装は難易度が高い試験ではない

1級舗装施工管理技術者資格試験は、経験だけでは正答にたどり着けないという点では難しいですが、合格率が18%以上なので、難関試験ではありません。

1級舗装が難しいという人は、1級土木を受験した時と比べて勉強時間はどうでしょうか?
勉強のしようがないから…という理由で、半分以下という人がほとんどではないでしょうか。

1級舗装施工管理技術者資格試験は、過去問から何度も類似問題が出題されています。
ゼロから試験対策をするのは手間ですが、過去問を分析して試験に臨めば、難しい試験ではありません。

1級舗装施工管理技術者に合格するための勉強法

上記の記事では1級舗装施工管理技術者の勉強方法について紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

イガラシ

あなたのチャレンジを応援しています。

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
この記事の内容
閉じる