1級舗装施工管理技術者に合格出来なかったら再確認してほしいポイント3選

1級舗装施工管理技術者に合格出来なかった…
何がいけなかったんだろう?

この記事では1級舗装施工管理技術者に不合格だった場合に再確認すべきポイントを紹介しています。
もし思い当たる事が1つでもあれば、次回のテストで改善すれば合格が近づくはずです。

もう一息で合格できるはず。
諦めずにチャレンジしましょう‼

この記事の内容

この記事を書いている人

名前:イガラシ

  • 建設会社で働く30代
  • 1級土木施工管理技士
  • 1級舗装施工管理技術者
  • その他資格も保有

あなたの勉強時間は十分だったか

後輩や他社の知り合いで不合格になった人に一番多いのが、勉強時間が足りていないケース。

1級土木を取得した後に受験する人が多いと思いますが『1級土木に合格ったから』『現場経験があるから』という理由で100%の全力で勉強に取り組めていないことが原因のようです。

これに思い当たる人は、勉強時間さえしっかり確保すれば合格できる可能性が非常に高いですが、勉強しない・活字に触れない事が習慣化している可能性もあるので注意が必要です。

午前中に実施される一般試験は知識が問われる試験で、ここを合格することが応用試験突破のカギにもなっています。

以下の記事では1級舗装施工管理技術者の一般試験の合格がなぜ資格取得のために重要になるのかを解説しています。

その理由を知らない方はぜひ一度御覧ください。

あなたは勉強する環境を自分で作り出したか

2つ目に見直すべきポイントは、勉強のための環境作りです。
不合格だった際に子供の世話で…、現場が忙しくて…という言い訳をしていませんか?

合格者全員が恵まれた環境で試験勉強をしているわけではありません。
むしろ同じ職業なので、99%の人はあなたと似たような環境だと思います。

合格した人それぞれが現場や家庭を工夫して勉強するための環境づくりをした結果、合格しています。

参考までに、私が1級舗装施工管理技術者に挑戦しようと思った時に取組んだ事を紹介します。

  • 夜寝る前に5分でも必ず勉強する
  • 停車中や空き時間を有効活用するため、裏紙に覚えたい問題を書き写して常に携帯
  • 休日は早朝に朝マックかスタバで勉強(朝7時から1.5時間くらい)

これらを実行するために辞めはしませんでしたが、習慣を変えたものが以下です。

  • 就寝前のYou Tubeの視聴(見る時間があれば暗記してた)
  • 移動車内の音楽やラジオ(問題を音読したかった)
  • 早朝のスポーツジム通い(疲れて勉強できなかった)

以下の記事では、忙しい土木施工管理技士が1級舗装に合格するためにスキマ時間をいかに有効に使うことが大切か解説しているので参考にしてください。

あなたが選んだ教材と勉強方法は適切だったか

3つ目に見直すべきポイントは教材と勉強方法です。

参考書か過去問は絶対に買う

私の周りだけかもしれませんが、そもそも参考書を購入せずに経験だけで試験に臨んでいるベテランの人は意外と多いと感じています。

1級舗装は施工管理以外にも設計や材料についても問われるので、経験だけで合格することは困難です。

参考書はGET研究所 年度別問題解説集 1級舗装施工管理が唯一の市販品なのでコレ一択。
オークファン等で日建学院の過去問題集が出品されていればそちらもオススメです。

無駄な勉強はしない

あなたが勉強した内容は試験で出題されましたか?
もし、初めて見る問題が多かった様なら勉強の仕方が間違っていた可能性が非常に高いです。

1級舗装施工管理技術者試験は、専門試験なので過去問から類似問題が頻繁に出題されています。
そのため過去問を分析し、頻出問題をしっかりと得点出来る状態で試験に臨む事が大切です。

以下の記事では、一般試験と応用試験の学習ポイントを紹介していますので、参考にしてください。

まとめ

不合格になった際に再確認してほしいポイント3つ紹介しました。

  1. 勉強時間は十分だったか
  2. 勉強する環境づくりを自分でしたか
  3. 教材と勉強方法は適切だったか

1級舗装の合格率は近年18%前後で推移しており、適切に勉強すれば決して難しい試験ではありません。

ぜひ次のテストで合格を目指してください!

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
この記事の内容
閉じる