2022年3月18日 あずさフィッシング釣行

2022年3月18日(金)
あずさフィッシングに行って来ました。

今回放流されたサイズに関しては、私が通いだしてからは長さ・ウエイト共に過去最大級何じゃないでしょうか?

釣果的にも、午前中の時点で100匹を超えて、午後も釣れ続けたので、おそらく過去最高を突破したと思います(100匹超えた時点で計測を辞めました)

ただ、季節的な要因もあってクセが強かった印象…

この投稿では今回の釣行経験を基に3月に気をつけるべき3つのポイントを紹介しています。
釣行の際に参考になれば幸いです。

釣行データ
  • 釣行日:2022年3月18日(放流翌日)
  • 天気:曇のち雨(小雨)
  • 気温:最高気温10℃/最低気温3℃
  • 水温:14度
  • 水質:クリア
  • 放流サイズ:大きめ!※40センチ超えてる魚が多数います!
  • 来場者:午前6名/午後5名
  • 釣果:午前:100匹以上/午後:未計測
この記事の内容

ポイント1:魚の目線を意識しないと偶然でしか釣れない

今回の釣行では、魚の目線を意識して狙うか・狙わないかで反応が全く違いました。

春ということに加えて曇天で小雨が降っていたので、ほとんどの魚の目線が確実に上方向。
そのため、ダウンショットなどでボトム付近を狙っていても反応は皆無。

中層~表層をワームやプラグで狙うのが正解だったようです。

朝一は活性が高いのでフォーリングや適当に横方向の動きが出せるルアーを投げていると反応がありますが、意図して狙わないと9時頃から反応が極端に減ると思います。

効果的だったルアー

今回の釣行では、以下のルアーを使用しました。

ケイテック スイングインパクト

毎度おなじみ、スイングインパクト。
あずさフィッシングに行くなら、必ず持っていくべきワームです。

2.5インチも投げましたが、今回は明らかに3インチの方が好反応
2.5インチだと気づいてもらいにくいのかもしれません。

ジグヘッドか軽めのダウンショットで中層を漂わせるとバイトが多かったです。
おそらく、ホバストも効果的だと思います。

メガバス エックスナナハン

ハードルアーで反応が良かったのはメガバスのX-ナナハン+1

水深、サイズ共ににベストマッチです。

トロロ藻が生えているのでロッドで潜航深度を微調整してください。
激しくバシバシ動かすのはNGです。

チェイスの有無を確認するのにも役立ちます。

ZAPPU ブレディ+スイングインパクト、ドライブシュリンプ

最初はダウンショットのシンカーを軽くして中層シェイクしながら釣っていたんですが、沖も狙いたかったので午後からブレディを使用。

トロロ藻対策になるだけでなく、大型のサイズの反応が良かったです。

スイングインパクトのテールが千切られても釣れ続けたので、ワームは何でも良いかもしれません。
3月釣行の際は非常にオススメです‼

ウエイトは1.8g~3.5gを使いました。

ちょうど、3月に出荷があったんでしょうか?近所の釣具屋さんには沢山売っていました。

ブレディでミスバイトしたら
  • コンっ!と来たらテンションを抜いて巻合わせ
  • 直ぐに同じコースに投げれば高確率で反応
  • ミスバイトが多発する場合は、カラー、泳層、スピードを変える

ポイント2:カラーローテーションが大切

今回はルアーの泳層以外にもカラーによる反応の差が顕著だったと思います。

今日に限って言えば、明らかに緑系とチャートへの反応(バイト)が多く、ピンクやその他の色ではチェイスはしてくるんですが、不思議とバイト数が少なかったです。

天候も影響しているとは思いますが、春なのでカラーローテーションしながら探って行くと反応が得られるかもしれません。

ポイント3:スポーニングエリアに注意

具体的な位置は記載しませんが(太陽と水流の有無)場所によってはスポーニングを意識した魚が多く集結している場所がありました。

ペアリングしている状態は釣りにくいので、そういう個体が見えない場所(食性や興味で反応する魚を狙って)で釣りをした方が釣果が伸びるはずです。

まとめ

私の釣行経験を基に3月のあずさフィッシングできをつけるべき3つのポイントを紹介してきました。

まとめ
  1. 魚の目線を意識する
  2. カラーローテーションで反応が全く違う
  3. 興味や食性で釣れる魚を狙う

狙い方が分かれば爆発的に釣れる一方で、外すと「無」というシーズンでもあります。

釣行の際は、今回紹介した3つのポイントを意識して狙うと釣果が伸びるかもしれません。

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
この記事の内容
閉じる